お酢で健康サポートも!毎日お酢を

PR|今日から料理上手になれる調味料毎日使う調味料は通販で時短調理で人気の調味料

合わせ酢で簡単に甘酢あんを作ったりできる調味料としておなじみのお酢ですが、食材としてだけではなく最近ではさまざまな効果があることがわかったきました。調味料以外にも酢と梅の健康飲料を通販で取扱いもあるみたいです。

お酢はただの調味料ではない

女性は便秘になりがちですが、お酢には腸の働きを活発にする効果があります。体内に入り腸に届いたお酢は炭酸ガスを発生させ、腸の働きを活発にし、便を排泄するために新陳代謝を活性化させます。
殺菌作用があることでも知られているお酢は、腸内の働きを鈍くする悪玉菌も殺菌し、腸内をきれいにしてくれます。ビタミンCは腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれるのですが、熱に弱いという欠点があります。しかし、調理の前に食材を酢水に浸し加熱するとビタミンCが壊れにくくなり、更にお酢はビタミンCの吸収をアップしてくれる効果もあります。
気温や湿度が高くなってくると食欲が低下しがちですが、お酢は食欲中枢を刺激し、食欲を引き出し、消化酵素の働きを活性化させる効果があります。
お酢に含まれているクエン酸たっぷりのお酢ドリンク通販は疲労物質である乳酸を効率的に燃焼させてくれるので、疲労回復にも効果的です。

 

油ものにもお酢

お酢は油の粒子を細かくする作用があり、油のしつこさをマイルドにし、サッパリとした味わいに変えてくれます。油っこい料理を作るときは少しお酢を加えることでコクもアップします。
お酢の主成分である酢酸は血圧上昇を抑制する効果もあります。塩分の摂りすぎが高血圧を引き起こすことはよく知られ、塩分を控えている人も多いでしょうが、塩分を減らし薄味にすると食事が味気ないものになってしまいます。そこでお酢の出番です。お酢には塩味を引き立たせ、やわらかくする作用があります。「良い塩梅」という言葉は、塩味を梅酢でやわらかくすることから生まれた言葉です。塩分を減らしてもお酢の効果でコクのある味わいになり、高血圧の予防に働きかけます。

お酢の目安の摂取量

お酢を日常的に摂ることは健康にも美容にもとても良いですが、大量に摂りすぎると胃や腸、歯の負担にもなる恐れがあるので、1日大さじ1杯から2杯を目安に適量を摂取することを心がけ、元気な毎日を過ごしましょう。

 

クリニック集客ノウハウ クリニックラボ