お酢の特徴を知ろう

種類豊富なお酢

穀物酢は米・小麦・とうもろこしから出来た、属に言う普通のお酢です。煮物・かけもの・味付けとして幅広い用途があります。お酢の原料はお酒の原料であり、穀物・果物が基本的に使われます。お酢はたくさん種類がありますが、使いやすい通販の合わせ酢をおすすめします。

米酢は、その名のとおり米から出来たお酢です。クエン酸が豊富に入っており、他のお酢と比べると高い疲労回復効果があります。米の甘み・米のコクがあり、全般的に和食との相性が良いです。

黒酢は米を熟成させたお酢です。黒酢の特徴はアミノ酸が豊富であることです。通常、たんぱく質は「消化してアミノ酸に変換した」あとでエネルギーに変換します。しかし、黒酢にはアミノ酸がそのまま入っているため、消化の必要なく直接エネルギーとなり、疲労回復効果がかなり期待できます。味については、香りが強くなめらかな味があるため、中華・魚介料理・飲み物との相性が良いです。

ワインビネガーはワインから作られたお酢です。通常のお酢としての効能だけでなく、ワインの成分であるポリフェノールを豊富に含んでいます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、美肌・老化防止の効果があります。味は、酸味が強いことが特徴であり、ドレッシング・マリネと相性抜群です。

バルサミコ酢もブドウから作られています。ワインビネガーとの違いとして、バルサミコ酢はブドウの果汁を3~7年熟成させます。そのためバルサミコ酢には深み・甘みがあることが特徴です。バルサミコ酢はドレッシングやマリネといった使い方のほか、火を通して食べるのがおすすめです。火を通して酸味を飛ばすことで「深み・甘み」が強調されるため、大変香り高くなります。

りんご酢はりんごから作られたお酢です。りんご酢の栄養としては、他のお酢に比べてカリウムが豊富です。カリウムは身体の中の余分な塩分を排出する効果があるため、むくみ・高血圧などに効果的です。味については、他のお酢に比べると酸味が抑え目で、爽やかな味が特徴です。そのためドレッシング・マリネといった使い方のほか、デザート・飲み物との相性がとても良いです。

お酢が苦手な人にオススメする合わせ酢

お酢が苦手な方は男性を中心にたくさんいると思いますが、お酢が苦手な人にこそ食べて欲しいのが合わせ酢です。調味するのが難しかったのですが、いまでは市販のものもあり、調味の手間や失敗がない合わせ酢で簡単酢の物や寿司飯を手軽に味わうことができます。合わせ酢もそれぞれの企業のよさも出ています。中には甘めの合わせ酢もあるのでお酢が苦手な方にはちょうどいいんじゃないかなと思います。