お酢は手作りチーズも簡単に

マルチ調味料のお酢

お酢は、色々な料理に使える便利な調味料です。お酢は、酢の物やカルパッチョや酢豚や酢飯などの料理や、チーズケーキやゼリーやジュースなどの甘いお菓子や手軽にお酢のドリンクにも使えるとてもマルチな調味料です。種類もたくさんあり、珍しいお酢調味料は通信販売でしか買えないものもあります。

お酢からチーズを作る

お酢の料理の使い方で、私が特におすすめする使い方は牛乳や豆乳を使って手作りのチーズを作る時に使う方法です。手作りのチーズを作るというのは、とても難しそうな感じがしますが意外にも手作りのチーズを作るの必要なのは、牛乳や豆乳などのタンパク質や脂肪分が含まれている飲み物と、お酢やレモン汁などのクエン酸が含まれている食品があれば簡単に作ることが出来ます。この手作りチーズの作り方は、まず牛乳や豆乳などの自分の好きな飲み物を鍋に入れて加熱をします。そして牛乳や豆乳などが飲み物が温まったら火を止めて、お酢やレモン汁を加えてお箸でかき混ぜて固形と液体に分離させます。そして固形と液体に分離したものをさらしの布の袋に入れて、液体をぎゅっと絞ります。そのさらしの布の袋に含まれている固形のものをお皿に乗せれば、手作りチーズの出来上がりです。

手作りならではのおいしさ

この手作りチーズは、牛乳で作るとカッテージチーズのようなさっぱりとした味わいのチーズになります。そして豆乳で作ると牛乳で作ったチーズよりも、さらにさっぱりとした味わいで大豆の風味がある美味しいチーズになります。この手作りチーズは、本当に簡単に作ることが出来ます。お酢で作るとお酢の風味がチーズの中に多少は含まれますが、それでも美味しく食べることが出来ます。 手作りチーズにお好みで少し塩をかけたり、はちみつやメープルシロップをかけて食べるのも美味しいです。手作りチーズを使って、ヘルシーなピザを作って食べるのもおすすめです。飲みきれない牛乳や豆乳を全て使いたい時に、手作りチーズを作って消費をするというのも良いです。

お酢はこのように手作りチーズを作る時にも使えるので、本当に便利な調味料です。なので、お酢を必ず家のキッチンに保存しておくと良いです。