どんな食材も料理にも使えるお酢

今や、時短調理可能な便利な合わせ酢もあり料理の手間を省いてくれる調味料がおおくあります。市販や通信販売を利用してお酢を購入をするのが非常に簡単になってきています。健康に良いといわれるお酢は、あらゆる食材に利用できるお酢なので、毎日の食事作りにいろいろと使っていきたいものです。

お酢と食材

お酢は食材を柔らかくしたり、臭みを取る効果もあります。
また、脂っぽい食材や料理をサッパリと仕上げることができます。煮込み料理や揚げ物の付け汁に、お酢を使うことで、サッパリとした後味になりますし、美味しさを引き出してくれます。

お肉料理にお酢を使うことで、コクがあってもしつこくない味に仕上がります。
圧力鍋を使って調理することで、食材を柔らかく仕上げることができ、さらに時短や光熱費の節約にも繋がります。

お酢は加熱することで独特の酸味が気にならなくなります。
少量のお酢を隠し味として使う程度ならば、食べてもお酢の存在を感じず、味も気にならなくなります。

腸内環境を整えてくれるお酢

また、消化の悪い料理にもお酢を使うことで、胃腸の働きを助けてくれます。
特にお肉料理は消化に時間がかかり、胃もたれを起こしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、お酢をタレや調味料として使うことで、消化を助け、胃もたれを防ぐ効果があります。
年齢を重ねていくと、脂っぽい食事が苦手になっていきますが、お酢を使うことでそれを和らげてくれます。

とは言え、体調や胃腸の調子は個人差があり、食事の内容によっても違ってきます。
無理をせずに、腹八分目程度の食事を心がけるようにしたいものです。

お酢で食事を楽しむ

調理で余った野菜は酢漬け(ピクルス)にすると、最後まで無駄なく食材を使い切ることができます。
料理の付け合わせとしても、お酒のおつまみなどにも重宝します。

合わせ酢に野菜を漬けるだけでできるピクルスは重宝します。時間が経つうちに味が浸透して、美味しさが変化していきます。

酢漬け(ピクルス)の保存容器は金属製のものを避け、プラスチックやガラスなどの容器に漬け、冷蔵庫で保管すると良いでしょう。
また、付け汁は野菜の水分が出るので、使いまわしは避けるようにしましょう。