お酢はお肉を柔らかくする便利な調味料だった!

お酢はお肉を柔らかくする

30代の主婦です。子供のころから酸っぱい食べ物は苦手で、梅干や酢の物は大嫌いでした。しかし最近母にお酢を使ったレシピを教えてもらい、苦手だった食材を克服しつつあります。母によるとお酢はお肉を柔らかくする効果があるそうです。また、お酢はこってり鶏肉料理をさっぱりと仕上げる話題の簡単な万能調味料で作ることができて、肉食な私には嬉しい食材だと分りました。

疲労回復効果もあるお酢

さらにお酢は疲労を和らげてくれるので、上手に使いこなせば仕事の忙しい夫を食事でサポートしてあげることもできそうです。母に教えてもらって頻繁に作っているのは鶏肉の煮物です。手羽元とニンニク、お酢、砂糖、醤油をじっくりと煮込んだ料理で、柔らかくてジューシーなお肉は子供たちにも大人気です。脂っぽい食事の苦手な夫もこのメニューならさっぱりとしているのでよく食べてくれ、冷蔵庫にあった長ねぎやほうれん草などの野菜を一緒に煮込めば栄養バランスもよくなります。調味料を入れたら火にかけるだけの通販で人気の簡単なお酢で味は本格的なすぐれものです。お酢のおかげで満足感はあってもこってり感は抑えられ、ニンニクも入っているのでスタミナメニューにもなります。初めて作ったときにはお酢を入れるときにむせてしまい、本当に食べられるのか心配になりました。しかし煮込むことでお酢の風味は飛び、まろやかで爽やかな酸味だけが残るので感動しました。子供たちにリクエストされ、夫のお弁当にも使える手抜きなのに万能レシピなのでぜひ試してもらいたいです。

苦手なお酢を克服

お酢に対する苦手意識を克服してからはもっとお酢を使うようになりました。最近はバルサミコ酢にはまっていて、サラダのドレッシングなんかも手作りしています。バルサミコ酢とオリーブオイル、マスタード、醤油、胡椒、塩を適当に混ぜればちょっと和風テイストなドレッシングが簡単に出来上がります。バルサミコ酢はじっくり炒めると甘くなるので玉ネギと炒めておつまみにすることもあります。フレンチを食べに行ったときにステーキにバルサミコ酢を使ったソースがかかっていて絶品だったのでレシピを開拓したいと思っています。